思ったより長くお世話になってます!お手頃価格の優秀ベビーカー

思ったより長くお世話になってます!お手頃価格の優秀ベビーカー

子供の首が据わった三ヶ月を過ぎてからベビーカーを購入しました。

 

もっと先でも良いかと思っていましたが、そのぐらいの月齢から赤ちゃんと外出する機会が増え始めたので、急遽近くに買いに行きました。

 

 

特にメーカーにこだわりはなかったので、近くのショッピングモールのベビー用品売り場で安すぎず高すぎずの二万円代のものを選びました。

 

店員さんにも話を聞きましたが、扱いやすく価格もリーズナブルな売れ筋ということでそのお店のお勧め商品だったようです。

 

 

 

生後一ヶ月くらいから使えるGRACOの両対面式のものでした。

 

選んだ理由は、子育ての先輩である友人たちから、車で外出することが多いならあまり高額なものと作りが大ぶりなものは必要ないし、かといって安くて華奢なものも子供を乗せて歩くのに不安があるので、そのくらいの価格帯で軽いものがお勧めだとアドバイスを貰っていたからです。

 

向きを変えられることと小回りが利くこと、荷物も一緒に運べることで、荷物の多い赤ちゃんとの外出先ではかなり重宝しました。

 

たとえ子供がぐずって乗ってくれなくても荷物置きになってくれますし、子供が疲れて眠くなれば寝かせておくことができます。

 

 

特に子供をあやすためのおもちゃなどの飾りは付けませんでしたが、荷物を掛けるためのフックはすぐに必需品であることに気づいたので二つ付け、座席の下の荷物入れにはブランケットを入れて車のトランクに常備しておいていました。

 

とはいえ車移動が多いので子供が自分で歩くくらい大きくなればすぐ必要なくなるかと思っていましたが、意外にも歩くようになってからの方が長く使うようになりました。

 

 

二年後に下の子が生まれてからは、その子を乗せるのはもちろん、下の子を抱っこして歩き疲れた上の子をベビーカーに乗せることが多くありました。

 

二人は今2歳と4歳なので使う頻度は減りましたが、レジャーに出かける時は必ず持って行って荷物置き&仮眠椅子に使っている必需品です。

 

 

 

ベビーカーは意外と赤ちゃんが小さい内よりも、大きくなってから活躍したという方が多いです。

 

赤ちゃんも成長に伴って気持ちや考え方は変わりますから、ベビーカーに乗れば楽なんだということを理解すれば、自分から乗ってくれるようにもなります。

 

 

諦めて早々に倉庫にしまったり処分するという方もいますが、安くはない買い物ですから、なるだけ長く使う様にした方が良いです。

 

ですので、チャンスを伺って、根気よくベビーカーに慣らして行くと良いと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ