新米ママの育児奮闘記!

ベビーカーは動くベビールーム!マザーバックやオムツなど色んなものを運べる!

赤ちゃんがいれば、ベビーカーは必需品です。

 

そして信じられない物と一緒に動きます。

 

 

赤ちゃんだけを乗せるわけではないのです。

 

ハンドルのところに、マザーバック、下にあるカゴにはタオルなどなど。

 

 

マザーバックだけでもすごい荷物です。

 

 

お菓子、飲み物、オムツ、おしりふき、ゴミ袋などなどです。

 

 

 

 

そして、ベビーカーに赤ちゃんを乗せて、ハンドルのところにマザーバッグをかけます。

 

歩いているときはバランスのとれたベビーカーですが、赤ちゃんが降りると、思いっきりベビーカーはひっくり返ります。

 

 

失敗談としては、スーパーの買い物袋もハンドルのところにひっかけてました。

 

さあ、家についたよと赤ちゃんを降ろしたところ、案の定、バターンとひっくり返りました。

 

 

その時は卵を買っていたので、卵はぐちゃぐちゃです。

 

 

この失敗って、何回もやってしまうのです。

 

そこで、ベビーカーの重心をよくわからないけど、自己流で考えてみました。

 

 

 

 

そうだ、このベビーカーの下のカゴの中に重たいものを入れれば大丈夫だと思いつき、ペットボトルを入れることにしました。

 

 

最初は、取り出す頻度の低いものを分散していれてたのですが、時々、ベビーカーって場所によっては畳まないといけないんですよね。

 

その時、細々したものだと面倒なのです。

 

 

一本で重たいもの、畳む時は取り出すのが簡単のもので重たいものとしてます。

 

でも、まだまだ問題があります。

 

 

ベビーカーを押して歩いている時は問題ないのですが、階段とか、ちょっとした段差とか赤ちゃんごと持ち上げないといけない時は、あまりにも重たくて大変です。

 

カーブもダメです。

 

やはり重たいのもあり曲がりきれないことがあります。

 

 

 

他のお母さんはわからないのですが、私はものすごく心配性なのだと思います。

 

もしこうなったらとか、電車がとまったらとかいろいろ考えて、飲み物、食べ物、タオル、おもちゃとか持ってしまうのだと思います。

 

 

でも希望としては、軽くてものすごく安定のいいベビーカーがあったら嬉しいですね。

 

 

 

 

ベビーカーの一番の問題点でもありますが、やはり軽いベビーカーと重いベビーカーは対局ですから、それぞれメリットとデメリットが相反しています。

 

どうやっても一台のベビーカーで両方の性能を求める事は不可能ですから、ベビーカーを一台に絞って選ぶ際には、分けて考えて、より良いと思うベビーカーを選ぶようにしましょう。

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ